ブログ

カビ対策技術者とは?

カビ対策技術者とは、1級・2級と別れており、カビの生物的な面と建築的な面の知識を理解し、カビの正しい処理方法を実践できる技術者のことを指します。

2級(筆記試験のみ)

カビ取り技術の基本的なことを理解し正しく実践することが出来る。

1級(筆記・実技試験)

カビの特徴を理解し、正しい薬剤を選定できる。現場においても建築素材や現場の状況から正しい施工手順を導き出し施工を行うことが出来ることが求められます。

その為、協会が指定する認定講師員の審査に合格した者か、協会が指定する認定店において 100現場以上実技を積んだ者に対して認定する資格になります

PAGE TOP