AAFAとは

日本建築防黴協会は、カビ取り会社の技術力向上と最新技術の研究・開発のために発足した組織になります。昨今の異常気象と高気密住宅が増えたこと、マンションの老朽化によってカビが多く発生するようになりました。

内閣府が出している情報によると、2018年10月1日現在65歳以上の高齢者が28.1%とで、2065年にはその割合が38.4%に達すると言われています。

カビの被害は、免疫が下がったときに影響を受けやすくなるため、今後ますます需要過多になることが予想されます。

現在の主に行われているカビ取り作業では、根本の解決にならず間違った方法でカビ取っていることで、カビの被害が拡大し、居住者の金銭的金銭的負担増・健康面のリスクが増えていることも少なくありません。

本会では、カビ取り会社のレベルを底上げし、安心できるサービスを提供できる会社を一店舗でも多く教育していきたいと思っています。

  • 理事長のご挨拶
  • 組織図
  • 協会概要及び沿革
  • アクセス
  • 会員制度についてのご案内
  • 都道府県協会
  • 協会案内
  • お問い合わせ一覧
PAGE TOP